短命に終わりかねない菅内閣

つい先日始まった菅内閣だが、長続きしない危険性を先日の亀井静香の辞任劇を通じて感じた。一方亀井と国民新党にとっては、大臣辞任により郵政ファミリーの守護神としての立場を強烈にアピールしつつ、選挙協力や大臣ポストを維持するという絶妙な一手だった。菅には良くも悪くも逆立してもできない芸当である。 なぜこのような事態に陥ったか?その最大の原因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more